交通事故現場写真!弁護士ナビ

交通事故専門の弁護士を選ぶ

交通事故に強い弁護士とは?

誰でも人によって得手不得手が存在しているように、弁護士にも当然得手不得手が存在しているのです。弁護士であれば、誰でも交通事故に精通していて、保険会社との交渉でも必ず依頼した人が有利になるように交渉してくれるというわけではありません。また、交通事故に精通している弁護士であっても、依頼者より報酬の方に頭がいってしまい、依頼者に対して真剣に相談に応じてくれない弁護士も残念ながら存在しているのです。

そのため、交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士に助けてもらいたいという場合には、まず交通事故専門弁護士、次に信頼できる弁護士を探すことが重要になります。たとえ信頼できる弁護士であっても、交通事故に関して知識に乏しい、弁護士としての能力に乏しいようではいけません。交通事故に関する相談を多く取扱い、依頼者が納得のいくように解決をしてきた実績があるのかというのがとても重要になるのです。

レントゲン

交通事故専門弁護士とはどういう方をいうのでしょうか?交通事故は、やはり医学的な知識が必要になります。「後遺障害認定」を受けるためには、医師と会話ができないとなりません。被害者の自覚症状を伝え、医師がMRIなどから判別する他覚症状も加味しながら、診断書に書いてもらわないとならないのです。交通事故に強い弁護士は、レントゲンやカルテを見ることもできます。

さらには、物理学的に車の接触角度、そのとき過失割合で大事になる加害者側の速度などを、事故の車の跡から逆算して論理的に説明できます。交通事故に強い弁護士は非常に、法律だけではなく周辺知識や病院とも連携して相談にのることができるのです。よって、どういう弁護士に依頼するかで、損害賠償額つまり、示談金や慰謝料額が大きく異なってくるのです。

評判もチェックしよう

当然悪い評判や、真剣に相談に乗ってくれないような弁護士ではいけませんので、可能な限り依頼したいと考えている弁護士の評判も調べておくとよいでしょう。弁護士のホームページには、当然悪いことなど一切かかれていないので、評判を確かめることに使用するのはあまりおすすめできませんが、実績や報酬などを調べるのにはよいと言えます。評判を調べるときは、あくまで第三者の意見が多く書かれているようなサイトを見つけるのが確実だと言えるでしょう。

しかし、いくら情報収集を念入りに行ったとしても、最終的に決めるのは自分ですし、情報収集にも限界があるので、可能であれば交通事故に関する依頼をして、納得のいく結果に導いてくれた弁護士を知っている人に紹介してもらうという方法が最適です。もちろん自分の知人や友人にこのような人がいる可能性は低いので、まずは問い合わせをして対応を見る、無料相談を利用して反応を見るという方法も欠かせません。無料相談を行っていない弁護士は止めておくべきでしょう。

参考オススメ記事:交通事故の相談は無料になっていることが多い